本文へスキップ

ステンドグラスと鏡を組み合わせたインテリアミラーの製作工程

電話でのお問い合わせは0565-32-6033

メールでのお問い合わせはこちら

 >   >  > 製作工程

ステンドグラスミラーの製作工程について

ステンドグラスミラー製作工程をご紹介いたします。

1.ステンドグラスミラーのデザイン

ステンドグラスミラーのデザイン画

ステンドグラスミラーの大きさや形をデザインします。番号と使うステンドグラスの種類(色)の配置も書き込みます。


2.デザイン画をトレース

デザイン画をトレースする

1で作製したデザイン画をトレースして2枚同じものを作製します。
1枚は型紙用としてばらばらに切り離し、もう1枚はステンドグラスミラーの設計図として残します。


3.パターンナイフ

パターンナイフの先端部

型紙を切り出すのに使うパターンナイフです。2枚の刃が1mm間隔で取り付けてあるので、型紙同士を1mmの間隔で切り出すことができます。
1mm開けて型紙同士を切り出すのは、ガラスとガラスの間に入るコパーホイルの厚みや、ステンドグラス切り出し時のサイズ誤差を考えてです。


4.型紙の切り出し

ステンドグラスミラー用型紙の切り出し

2で作製した型紙をパターンナイフを使って切り離します。


5.デザイン画と型紙

ステンドグラスミラー用デザイン画と切り出した型紙

切り出した型紙とデザイン画です。切り残した線がないか確認します。


6.ステンドグラス

ステンドグラスミラーに使うステンドグラス

ステンドグラスミラーに使うステンドグラスです。


7.切り出し用の印し付け

切り出し用の印し付け

ステンドグラスを切り出してガラスピースとするために、型紙を当てて切り出し用の印しを付けます。


8.切り出し用のライン付け

切り出し用のライン引き

切り出し用の印しを基にして、切り出し用のラインを引いたところです。


9.オイルカッター

ステンドグラスの切り出しに用いるオイルカッター

ステンドガラスを切り出すのに使用するオイルカッターです。
柄の部分にはミシン油が入っていて、先端のローラー部分に油を供給する仕組みとなっています。


10.ステンドグラスの切り出し@

オイルカッターを用いてステンドグラスを切り出す

切り出しライン上に、オイルカッターのローラー中心が来るように定規を調整します。


11.切り出しA

定規にそって手前から奥にオイルカッターを押す

オイルカッターを手前から奥に押さえつけるようにして傷をつけます。しっかりと傷が入っている場合は、高音でチリチリと聞こえます。


12.切り出しB

ランニングプライヤーを用いてステンドグラスを割る

ランニングプライヤーを使って、傷をつけたラインで割ります。


13.切り出しC

ステンドグラスを切り出しラインに沿って割ったところ

オイルカッターで傷をつけたラインできれいに割れたところです。


14.切り出しD

切り出し用の印し付け

切り出したステンドグラスに型紙を当てて、さらに細かく切り出すガラスピースの形に印しを付けます。


15.切り出しE

切り出し用のライン

印しを付けたところに、切り出し用のラインを引きます。


16.切り出しF

オイルカッターを用いてステンドグラスを切り出す

先程と同様に、書き込んだラインに従ってオイルカッターで傷を付けて切り出します。全ての型紙に対して、この作業を繰り返しガラスピースを切り出します。


17.切り出し後のガラスピース

切り出し後のガラスピース

型紙通りの形に切り出したすべてのガラスピースです。


18.ガラスピースの整形

グラインダーでガラスピースを整形する

切り出すラインがずれたり、鋭いバリができたガラスピースは、グラインダーを使って整形します。


19.整形完了・サイズ確認

整形後のガラスピース

ステンドグラスミラーを作るのに必要なすべてのガラスピースの切り出し、整形後に、デザイン画の上に並べてガラスピースのサイズや色目を確認します。


20.コパーホイル

ガラスピースをはんだ付けするのに用いるコパーホイル

片面に接着剤が付けてある銅箔です。ガラスピースの厚さより2〜3mmほど広いものを用意します。接着剤が付いている面をガラスピースの切り出し面に貼り付けて使用します。


21.コパーホイルの巻きつけ@

ガラスピースの一辺にコパーホイルを付ける

ガラスピースの切り出し面に、コパーホイルの接着剤が付いている側を押し当てます。このとき、コパーホイルの幅方向の中央に、ガラスピースがくるように押し当てます。


22.コパーホイルの巻きつけA

付けたコパーホイルでガラスピースを挟む

さらに指でコパーホイルの端を折り曲げ、ガラスピースに対しコの字になるように挟み込んで押し付けます。


23.コパーホイルの巻きつけB

コパーホイルを付けたところ

ガラスピースの一辺にコパーホイルを付けたところです。


24.コパーホイルの巻きつけC

コパーホイルの巻きつけ

同様にして、コパーホイルを次の辺の切り口に押し当てます。


25.コパーホイルの巻きつけD

コパーホイルの巻きつけ

指でコパーホイルを挟み込んで、二辺目の巻きつけが終わったところです。
このようにしてガラスピース全周にコパーホイルを巻きつけます。


26.コパーホイルの巻きつけE

コパーホイルの切断

コパーホイルをガラスピース全周に巻きつけ、巻始めと巻き終わりが1cmほど重なるようにして切断します。


27.コパーホイルの圧着

ガラスピースへコパーホイルを圧着する

ヘラなどを使ってコパーホイルをガラスピースに圧着します。


28.圧着完了

コパーホイルを巻きつけ終わったガラスピース

コパーホイルの巻きつけが終わったガラスピースです。
同様にして、すべてのガラスピースにコパーホイルをまきつけます。


29.コパーホイル巻きつけ完了

全てのガラスピースにコパーホイルの巻きつけたところ

全てのガラスピースにコパーホイルを巻きつけたところです。
仕上がりの関係で、外周部ははんだ付け作業の途中でコパーホイルを巻きつけます。


30.ガラスピースを配置する

はんだ付けするためにガラスピースを配置する

はんだ付けするために、平らで歪のない木枠の中にガラスピースを配置します。この時、出来上がり時の裏側を基にして配置します。理由はガラスピースの厚さがそれぞれ異なるため、表側を基にすると出来上がったとき表側が面一にならないためです。
木枠内に配置したガラスピースが、デザイン通りのサイズになっているかを定規を使って測り、調整します。


31.ガラスピースの点止め@

ガラスピースを点止めする

フラックスを塗り、ガラスピースを点止めします。
点止めは作業中にガラスピースが動いてしまうことを防ぐために行います。


32.ガラスピースの点止めA

点止めしたガラスピース

点止めしたガラスピースです。
これを全てのガラスピースに行います。


33.ミラー裏側のはんだ付け

裏側へのはんだ付けが終わったステンドグラスミラー

ステンドグラスミラー裏側のはんだ付けが終わったところです。


34.ミラー表側のはんだ付け

表側へのはんだ付けが終わったステンドグラスミラー

裏側へのはんだ付けが完了した後に、表側のはんだ付けをおこないます。


35.ミラー外周部へのコパーホイル巻きつけ

ステンドグラスミラーの外周へコパーホイルを巻きつける

外周部へコパーホイルを巻きつけます。


36.全体のはんだ付け完了

全体のはんだ付けが終わったステンドグラスミラー

外周部へはんだ付けを行い、全てのガラスピースのはんだ付けが完了したところです。


37.はんだ部をブラシで磨く

はんだ部を金ブラシで磨く

はんだ部をパティーナで黒く染めるために、金ブラシで磨きます。
はんだ部の酸化膜や油脂が取れ、細かなキズができることにより黒く染まりやすくなります。


38.はんだ部を黒く染める

はんだ部をパティーナで黒く染める

はんだ部に刷毛でパティーナをこするように塗りつけます。


39.パティーナのふき取り

パティーナをふき取る

はんだ部全体にパティーナを塗り終わった後、柔らかい布で余分なパティーナをこすり付けるようにふき取ります。


40.保護用ワックスの塗布

黒く染めたはんだ部に保護用ワックスを塗る

余分なパティーナをふき取った後に、黒く染めたはんだ部の保護ツヤ出しのためにワックスを塗ります。


41.保護用ワックスのふき取り

保護用ワックスをふき取る

1時間程乾燥した後に、柔らかい布でワックスをふき取ります。


42.ステンドグラスミラーの完成

ステンドグラスミラーの完成

以上でステンドグラスミラーの完成です。