本文へスキップ

ステンドグラス時計の製作工程

電話でのお問い合わせは0565-32-6033

メールでのお問い合わせはこちら

 >   >  > 製作工程

ステンドグラス時計の製作工程について

ステンドグラスを組み合せたステンドグラス時計製作工程をご紹介いたします。

1.ステンドグラス時計のデザイン

ステンドグラス時計のデザイン画の作製

ステンドグラス時計の大きさや形をデザインします。型紙それぞれに番号と使うステンドグラスの種類(色)も書き込みます。


2.デザイン画をトレース

デザイン画をトレースして型紙を作る

1で作製したデザイン画をトレースして2枚同じものを作製します。
1枚は型紙用としてばらばらに切り離し、もう1枚は時計の設計図として残します。


3.デザイン画と型紙

ステンドグラス時計用のデザイン画と型紙

1で作ったデザイン画と、それをトレースした型紙です。


4.パターンナイフ

パターンナイフの先端部

2で作製した型紙を、パターンナイフを使って切り離します。
パターンナイフは刃が1mm間隔で2枚平行に取り付けてあります。型紙を切ったとき、型紙同士の間に1mmの隙間ができます。
型紙を1mm開けて切り取るのは、ガラスとガラスの間に入るコパーホイルの厚みやガラスの切り出しサイズの誤差を考えてです。


5.型紙の切り出し

ステンドグラスミラー用型紙の切り出し

パターンナイフと定規を使って型紙を切り出します。


6.デザイン画と切り出した型紙

ステンドグラス時計用のデザイン画と切り出した型紙

切り忘れがないか確認します。トレース時に型紙にも番号を付けてあるので、どの部分か判るようになっています。


7.ステンドグラス

時計製作に用いるステンドグラス

時計に使うステンドグラスを用意します。


8.切り出しのレイアウト

ステンドグラス切り出しのレイアウト

型紙をステンドグラスに置いて、切り出しのレイアウトをします。できるだけガラスの無駄が出ないようにレイアウトして切り出しラインを引きます。


9.オイルカッター

ステンドグラスの切り出しに用いるオイルカッター

ステンドグラスを切り出すのに使用するオイルカッターです。
柄の部分にはミシン油が入っていて先端のローラー部分に油を供給する仕組みとなっていて、先端ローラーの保護とガラスに傷をつける効果を上げてくれます。


10.切り出し@

ステンドグラスの切り出し

切り出しのレイアウト時に引いたライン上にオイルカッターのローラー中心が来るように定規を調整します。


11.切り出しA

オイルカッターを使ったステンドグラスの切り出し

オイルカッターを手前から奥に押さえつけるようにして傷をつけます。しっかりと傷が入っている場合は、高音でチリチリと聞こえます。


12.切り出しB

ステンドグラスの切り出し

オイルカッターで傷をつけたラインを真ん中にして両手でステンドグラスを持ち、引っ張るようにして割ります。


13.切り出しC

ステンドグラスに型紙の形を写す

切り出したステンドグラスに型紙を当てて、さらに細かく切り出すガラスピースの形を書き込みます。


14.切り出しD

型紙の形を写したステンドグラス

型紙と同じ形を書き込んだステンドグラスです。


15.切り出しE

ステンドグラスの切り出し

書き込んだラインに従って、オイルカッターで傷をつけ、切り出します。


16.切り出し後のガラスピース

切り出し後のガラスピース

型紙通りの形に切り出したガラスピースです。この作業を繰り返して、すべてのガラスピースを切り出します。


17.ガラスピースの整形

グラインダーを使ってガラスピースの整形する

切り出すラインがずれた場合などはグラインダーを使って整形します。


18.サイズ確認

切り出したガラスピースのサイズ確認

時計に必要なすべてのガラスピースを切り出した後に、デザイン画の上に並べてサイズを確認します。


19.時計針の軸用の穴を開ける

時計軸用の穴開け工程

時計のムーブメントをつけるガラスピースに、時計針の軸を通す穴をサンドブラストで開けます。


20.穴が開いたところ

時計軸用の穴開け完了

ガラスピースに時計針の軸を通す穴が開いたところです。


21.コパーホイル

ガラスピースをはんだ付けするのに用いるコパーホイル

ガラスピース同士をはんだでつなぎ合わせるのに使うコパーホイル(銅箔)です。片面に接着剤が付いています。接着剤が付いている面をガラスピースの切り出し面に貼り付けて使用します。


22.コパーホイルの巻きつけ

ガラスピースにコパーホイルを巻き付ける

ガラスピースの厚さより2〜3mmほど幅の広いコパーホイルをガラスピースの切り出し面に付けます。
コパーホイルの幅がガラスピースの厚さより広いので、コパーホイルの余っている部分を折り曲げ、コの字になるように貼り付けます。


23.コパーホイルの圧着

ヘラを用いて巻き付けたコパーホイルを圧着する

ガラスピースの周りすべてにコパーホイルを巻きつけた後、ヘラなどを使ってコパーホイルを軽くなぞり、カラスピースにしっかりと圧着します。


24.ガラスピースの配置

ガラスピースを配置して寸法を確認

ガラスピースを木枠で囲み、はんだ付けの準備をします。木枠に配置したガラスピース全体がデザイン通りのサイズになっているかを定規を使って測り調整します。


25.フラックスの塗布

コパーホイルにフラックスを塗布する

はんだ付けするコパーホイルに、液体状のフラックスを筆を使って塗布します。フラックスはコパーホイルの酸化膜や汚れを科学的に除去して、はんだを流れやすくしてくれます。一度にコパーホイル全体に塗布せず、はんだ付けする部位に直前に塗布します。


26.はんだ付け(点止め)

はんだ付け(点止め)

フラックスを塗布したところに、はんだごてを使ってはんだを点止めします。


27.ガラスピースの仮止め

ステンドグラス時計全体の点止め完了

全体を点止めしてガラスピースを仮止めします。作業中にガラスピースが動いてしまうことがなくなります。


28.表側のはんだ付け

はんだ付け工程

次に、表側のコパーホイル部分をはんだ付けして、すべてのガラスピースをつなぎ合わせます。裏側も同様にして、はんだ付けします。


29.外周へホイル巻きつける

時計外周部へのコパーホイル巻き付け

表裏のはんだ付けが完了した後、外周部にコパーホイルを巻きつけます。


30.外周部のはんだ付け

時計外周部のはんだ付け

外周部をはんだ付けします。


31.黒染めの前処理

はんだ部を金ブラシで磨く

パティーナではんだ部を黒く染めるために、金ブラシで磨きます。酸化膜や油脂が取れ、細かなキズができて黒く染まりやすくなります。


32.はんだ部の黒染め

ブラックパティーナではんだ部を黒く染める

はんだ部に刷毛でブラックパティーナをこするように塗りつけます。


33.パティーナをふき取る

ブラックパティーナをふき取る

はんだ部全体にブラックパティーナを塗り終わった後、柔らかい布で余分なパティーナを擦る様にふき取ります。


34.ワックスの塗布

黒く染めたはんだ部にワックスを塗布する

余分なパティーナをふき取った後に、黒く染めたはんだ部の保護ツヤ出しのためにワックスを塗ります。


35.保護用ワックスのふき取り

ワックス乾燥後、柔らかい布で全体をふき取る

1時間程ワックスを乾燥した後に、柔らかい布で全体をふき取ります。


36.ステンドグラス時計の完成

ステンドグラス時計の完成

ムーブメント、時計針、文字盤を取り付けてステンドグラス時計の完成です。


ショップ情報

四季彩

〒471-0035
愛知県豊田市小坂町7丁目90-3
小坂ビル1A
TEL/FAX 0565-32-6033
定休日:火曜日